宝池寺 八大龍王宮

宝池寺(ほうちじ)の歴史

宝亀年間(715年 – 716年)の頃、畿内一帯が大干ばつに見舞われました。
光仁天皇の御子である開成皇子が来山し池を掘り、護摩を焚き、般若心経を唱え、八大竜王を召請したと言われています。
背後に控える山を竜王山と呼ぶようになり、建てられたのが、境内にある八大龍王宮です。

当時と同じく、池のほとりにての護摩祈祷を再開いたしました。

ごあいさつ

※ただいま準備中です。

宝池寺ご案内MAP

※ただいま準備中です。